スポンサーリンク

HGイオフレーム獅電製作とレビュー

HG  イオフレーム獅電  を買ってきたので作ってみました。

設定上は百錬の技術が生かされた量産機となってますが、キットは完全新規設計。

量産型らしく最近のHGにしてはパーツは少なめ。手軽に組んで数を集めて楽しめそうなキットです。

ひとまず仮組みしてみました。

イオフレーム獅電

hgshiden1

素組するとこんな感じになります。鉄血のHGキットの中でもパーツは少なめです。
上半身は百錬の雰囲気がありますね。

hgshiden2

スネの正面に合わせ目ができます。

後姿。

hgshiden3

前腕部分、肩アーマーに合わせ目ができます。
フレームは肉抜き穴がめだちます。

頭部はバイザーが上下します。

hgshiden4

装備は、ライオットシールド、ガントレット、ライフル、パルチザンが付属。

hgshiden5

リアアーマーには、ライフルとパルチザンが装備できます。

hgshiden6

パルチザンは固定できますが、ライフルは外れやすいですね。しっかりツメにはめないとポロポロ落ちてしまいます。

腰にパルチザン、ライフルとガントレットを装備。

hgshiden7

パルチザンは伸縮式。伸ばすこともできます。パルチザンというのは幅の広い刃の付いた槍のこと。突いたり切ったりできる武器なんですが。キットを見ると打撃武器に見えますね。

hgshiden8

鉄火団のやつらだとひたすら殴りそう。

ライオットシールドを装備。

hgshiden9

機動隊の持ってる大きな盾のようです。ほぼ体を隠すことができます。

パルチザンはランドセルに装備することもできます。

足はここまで広げることができます。

hgshiden10

リアアーマーが干渉して180度広げることはできませんが、前方向にはかなり上がります。

ひざは二重関節なので正座もできます。

hgshiden11

シンプルな分、可動範囲は広い方ですね。

値段も安いしたくさん作って鉄火団を編成するのもいいかもしれませんね。