MG ジェガンが7月発売

mgrgm89a

ジェガンがついにマスターグレード(MG)になりますね。

 

まさかこの日が来ようとは。ジム好きにとってはたまりません。「ジェガンはジムじゃないでしょ」という突っ込みが入りそうですが、RGMナンバーならOKなんです。

ジェガンは地味にバリエーションが多いですが、今回発売されるのは一番基本的な「逆襲のシャア」に登場したタイプです。

既にamazonなんかでは予約が始まってますね。

公表された製品仕様からどんなキットになるのか想像してみたいと思います。

 

MG ジェガン  

 

(出典:amazon)

 

試作品を見た感じでは、劇中の印象に近い力強いプロポーション。設定画よりもちょっと頭が小さめでしょうか。

もともと出渕氏のデザインしたジェガンは腹部が短くて他の連邦製MSとは異質なプロポーションでした。UCでは他の連邦製MSと同じ頭身で、頭が小さく足が長いプロポーションで描かれてました。

MGは若干UCよりなアレンジがされているみたいに感じますね。

でも、逆シャアのジェガンらしく、肩が大きくて強そうな感じです。

後ろからみるとこんな感じ。

mgrgm89b

バックパックが大きくてごつい。箱っぽくて若干UC時代のランドセルに近い形状。

肘や膝などの関節部分は適度にディテールが細かくなっていて、さすがMGと思わせます。

もともとジェガンは肘関節部分がさみしいデザインでした。MGなら組み立てるだけでそれなりに見栄えがしそうです。

バーニアノズルも成型色で色分けされてるのでしょうね。
それにしてもジェガンのバックパックはノズルが大きいです。

ハッチ開閉

MGなのでコクピットハッチも開閉します。

mgrgm89d

コクピットも再現されてるようですね。

MGジムスナイパーⅡ、スナイパーカスタム、ジムコマンドなど最近のジム系MGではコクピットハッチが申し訳程度にしか開かず、コクピット内部がほとんど再現されてませんでした。可動性を重視したのでそうなったのだと思いますが、ちょっと残念な思いをしてました。

ジェガンはハッチが思い切り開きそうですね。

組み立てたら殆ど見えませんが、ハッチが開いてるだけでもそれらしくていいですね。

内部フレーム再現

全身のフレームも再現。MGらしくフレームだけで自立します。

mgrgm89c

新規金型のようですね。パーツ分割なんかはジェスタに近いように見えます。シンプルながらも可動性能が大きい最近のMGの設計のようですね。

MGガンダムVer.2.0をベースにしていたジムVer.2.0、スナイパー2、スナイパーカスタム、コマンドがフレームのパーツ分割がこまかくて作りづらかったので嬉しい。

武器は標準装備

武器はビームライフル、シールド、ビームサーベル×1本付属します。連邦製MSの三種の神器ですね。

mgrgm89e

ビームライフルが大きくて強そうです。マガジン(エネルギーパック)が外れるみたいです。

逆シャアではジェガンの武器バリエーションは少なかったので三種の神器のみ。

税抜き価格は4000円。ジェスタと同じ価格。

巨大化していたUC90年代のMSの中ではジェガンは小柄に見えてしまいますが、ジェガンは全高19.0mとRGM系では大柄な機体。税抜き4000円は仕方ないでしょうか。

それにしても、ついにジェガンがMGになるとは嬉しいですね。

バリエーション機も出るのでしょうね(プレミアムバンダイで)。

HGUC の発売日は7月31日

 

MG ジェガン 1/100
by カエレバ