スポンサーリンク

HGUC REVIVE ガンダムMk-Ⅱレビュー

HGUC Revive ガンダムMk-II (ティターンズ仕様)

買ってきたので、仮組みしてみました。

HGUCとしては2回目、
1/144モデルとしては5つ目となる今回のマークⅡの出来はどうなんでしょうか。

スマートなMK-2

仮組みした画像がこちら。

ティターンズ版なのは個人的な好みです。

HGガンダムMk2

今までのHGと比べると頭が小さくて、脚が長いですね。
腕に入ったパネルライン風ディテールがよいアクセントになってます。

HGはアニメ設定に近いというか、表面がツルツルでディテールの少ないのが多いので物足りなかったんです。

新HGUCは部分的にですがパネルラインが入っててスジボリの手間が省けるので嬉しいですね。

新旧のHGUCを並べてみました。

HGMk-2比較

白いほうが旧HGUC。
配色が設定と違いますが気にしないで下さい。

やっぱり、旧HGUCの方ががっしりした印象ですね。
頭が一回り大きくて、太もも、スネが短い。MG Ver.1.0のように足首が太い

これを見ても新HGUCの方がスマートな現代風になってるのがわかります。

雑誌の作例によくある足を長くする改修をしてひょろ長い体型になった後みたい。
これが今風の体型なんでしょうね。

後姿。やはり脚の長さが目立つ。
モデルみたいな体型で1/144とは思えないスケール感があります。
300円時代から作ってると、ガンプラモここまできたかと感慨深い。

HGガンダムMk2後

この新HGUCガンダムMk-2が一番格好よく見えると思うのが、斜め前から見下ろした姿。

HGガンダムMk2俯瞰

雑誌の作例でこういうアングルの写真よくあるでしょう。

たぶん、このように俯瞰で写したときに一番格好良く見えるようにしてるんだと思います。

真正面から見るとバランスが悪いように感じるのはそのせいかもしれません。

テーブルや机において見下ろすと自然にこのように見えるかもしれません。

新HGUC Mk2を飾ったり写真を撮るときは、このように斜め上から見えるポジションにしたほうがいいかもしれませんね。

以上、タカフミでした。

使用したキット

HGUC 194 ガンダムMk-II (ティターンズ仕様)