イフリート・シュナイド RE/100で発売

1/100イフリートシュナイドが発売されます。
RE100シリーズ初のプレミアムバンダイはイフリートでした。

イフリートファミリーの中でも唯一アニメに登場したシュナイド。
知名度も高いので当然のキット化かもしれません。

バンダイプレミアムで予約受付が始まりました。
発売開始一週間で一時募集が終了という人気ぶりです。

 

RE/100イフリート・シュナイド  

icon icon

 

ベースになってるのは、
RE100イフリート改

ディテールの密度も高くスマートなシュナイドに仕上がります。

 

全身に14本のヒートダガーを装備。
脱着できます。

icon icon

 

劇中で使用していた、ジャイアントバズが付属。
MGドムと同じものです。

icon

 

RE100イフリート改が出たときに、バリエーションキットが出るとは思ってましたが
やっぱり出ましたね。

シュナイドのキット人気は高く、すでに一時募集は終了しています。
現在は第二次募集が受付中。

icon次はナハトが出るのでしょうか。
それとも素のイフリート?

 

MS-08TX イフリートと言えば
スーパーファミコンのゲームクロスディメンジョンで登場したMS。

ガンダムピクシーと一騎打ちするためか、
この時期のジオン側MSにしてはかなり高性能なMSになってます。

その後イフリート系はサターンのゲーム
”機動戦士ガンダム外伝・戦慄のブルー”でMS-08TX/Sイフリート改が登場。
一躍有名になりました。

長い間プラキットはありませんでしたが、
ライバルのBD1に先駆けて1/100キット化達成しました。
そのおかげでシュナイドのキットかも果たせたんですね。

その後、PS3のゲーム機動戦士ガンダム戦記に

イフリート・ナハトが登場。
PS2版のガンダム戦記が面白かったので期待したファンも多かったですが。
PS3版の評判よくなかったです。

その後、イフリート・シュナイドがアニメ・機動戦士ガンダムUCに登場。
同時にPS3のゲーム、サイドストーリーズにも登場。
なにやらUCとつながりのありそうな演出があるようです。

ゲーム自体はどうしようもなく酷いです。
PS3版ガンダム戦記がましに思える醜さです。
ブルー目当てに買って、根性でブルーとコロ落ちはクリアしましたが。
一年戦争が終わったあとのイフリートシュナイドが出てくる場面は見ていません。

ジオン軍で地上戦でガンダムに対抗できる数少ないMSとして
ゲームでは重宝がられています。

今後もイフリートファミリーは増え続けるのでしょう。

 

BPで予約受付中

 

一時募集の発送は9月の予定。
すでに締め切りました。

二次募集の発送は10月の予定です。

プレミアムバンダイ

予約数が生産数になると
受付が終了します。
欲しい方はお早めに。