スポンサーリンク

MG パワードジム キット内容紹介

MG パワードジム

プレミアムバンダイに注文していたMGパワードジムが届きました!
7月20日発送と連絡があったので、1日で届きました。

ジムのバリエーションとはいえ、キットはかなりのボリューム。
さっそくレポートします。

元になったMGジム改のキットと比べて箱は分厚い。
mgpgm02

ガンダムVer.Ka(定価3200円税抜)よりも分厚い。
ジンクス(定価3600円税抜)と同じ大きさです。

かなりランナーが追加されてる様子ですね。

プレミアムバンダイの恒例で、箱は一色刷り。
OVA 0083第一話の模擬練習のシーンを再現したジオラマがパッケージになってます。

MG パワードジムのランナー全紹介

ランナー構成を見ていきましょう。

まずはベースになったジム改のランナー。

mgpgm03

mgpgm04

MGジム改(ガンダムVer.Kaと共通を含む)の外装パーツが5枚。
90mmマシンガン&ジムライフル、ビームスプレーガンが付属します。
ジム改スタンダードカラーに付属したロングバレルはなしです。
パワードジムには似合いそうだったので残念。

このキットを使えばオレンジのジム改が作れそうですね。
せっかくのキットでそんなことをする人はいないと思いますが。

ジム改、ガンダムVer.Ka共用のフレームパーツが2枚
MSフレーム KPS

ジム改、ガンダムVer.KaのときはMSフレームはABS樹脂でした。
でも、パワードジムのMSフレームはKPS樹脂なんです。
最近のキットによく使われてる、粘りのあるPS樹脂。
ABSより少し強度は落ちますが、MGクラスの大きさなら問題ないでしょう。
プラスチック用接着剤で接着できるし塗装も出来る。
これで作りやすくなります。これは嬉しい改良点です。

ABSからKPSにかわっただけで、エッジがシャープになった気がします。
樹脂の特性なんでしょうね。

ガンダムVer.Kaと同じ股間関節がフレームの下端についてるタイプ。
MSフレーム

初期のMGジム改は関節が少し上についてるので脚が短く見えました。
MGジム改フレーム

ガンダムVer.Ka以降、改善されてるようです。
パワードジムも改良型フレームです。

パワードジム用の新規金型ランナーは2枚。
パワードジムランナー

たったこれだけ?という気はしますね。
ジム改との違いは胸、腰アーマー、スネ、アンクルアーマー、ランドセル。
妥当なところでしょうか。

でも、これだけならこんなにごつい箱にはならないと思いますよね。
まだランナーがあるんです。

mgpgm09

mgpgm10

ガンダムMk-2 Ver.2.0のランナーが3枚も入ってるんです。
ハイパーバズーカーのためだけに!

確かにパワードジムといえばハイパーバズーカーを担いだイメージあります。
劇中では一撃でやられましたが。ギレンの野望では強かった・・・
パワードジムにハイパーバズーカーは必須です。

おかげでMk-2用ビームライフル、バックパックが付いてきます。
Mk-2の頭と脚の一部外装も付いてきます。
かなり余剰パーツが出てしまいますが、なにかの改造に使うことにしましょう。

これで3000円(税抜)なら安い!

実際にはそれプラス送料500円+消費税かかります。

余談ですが

最後に、どうでもいいことですが。
配送品の品名がMG 1/100パワードジムになってました。
おかげで家族にはジムのプラモを買ったことがバレバレ。
今まではキットの名前までは書いてなかったと思うけどなあ。
隠す必要はないんですが。

そういえば、
かつては佐川急便だったけど、最近はヤマト運輸になってる。
ヤマト運輸のほうが、中身の指定は細かいんでしょうか?

ともかく。

さっそくMGパワードジムを製作します。

まずは仮組するとこうなりました。
MG パワードジムを仮組みしてみました