スポンサーリンク

HGUCジムⅡセミストライカー製作1仮組み

HGUC ジムⅡセミストライカーを作ります。

セミストライカーの本体はジムⅡそのものなので、HGUCジムⅡを造るのとほとんど同じです。

肩と武器が違うだけと思って差し支えないです。  

仮組みしてみた

さっそく、仮組みしてみます。

ジムⅡ自体、シンプルな設計で部品も最近のキットにしては少ないので組み立ては簡単です。 グレイズの方が面倒でしたよ。

仮組みしたのがこの画像。 ジムⅡ仮組み

仮組みなので、まだはめてないパーツがあります。

全体のバランス見る分には問題ないでしょう。 比較用にHGUCジムⅡ並べてみました。 個人的にはすねの長さが気になります。 ジムⅡの時からの問題点ですが、不思議と模型誌でもここに手を加えてる人はいません。

脚そのものを長くしてる人はいましたが、それをするとバランスが崩れて全体に修正しないといけないので僕はやりません。

ジムⅡはちょっとだけすねを削って短くしてますが・・・分かりませんね。

腹の部分(グレーのパーツ)で胴体を長くして、足首関節を短くしてます。 そうすると身長を変えることなくスマートに見えるようになるんです。

むやみに脚を長くするより簡単だと思います。 でもそれをすると足首の可動範囲が狭くなって強度が下がるので、今回はしないつもり。

このキット、頭でっかちなのも気になります。 ジムⅡの方はちょっとだけほほのあたりを削ってます。 わかるかな?   後ろから見たところ。

HGUCジムⅡセミ仮組み

やっぱり、ランドセルは寂しい感じがするので 手を加えたいですね。

ジムⅡはランドセルを改造してマルイチモールドを別パーツにしてます。 スラスターノズル付けるの忘れた。

後ろから見ると、ジムⅡは腹のグレーのパーツが長くて足首のクリアランスがあまりないのが分かると思います。

目の錯覚で脚を延長しなくてもスマートに見えるんですね。 ジムⅡのキットの問題点ですが、肘を曲げるとマルイチモールドがずれてしまいます。 でもこれを改造すると大変なので放置してます。

セミストライカーでも手は加えないつもりです。 ジムⅢのキットとしては良く出来てたのに、その金型を流用して造ったジムⅡはなんだか投げやりな感じがしてなりません。

でも、ジムⅡみたいにマイナーな機体のキットが出るだけでもありがたいことです。

さて、セミストライカー。

できるだけ格好良くしたいですね。

以上、タカフミでした。

続きはこちら。
ジムⅡセミストライカーの製作2格好よく改造