RE/100 イフリート改 ついに4月30日発売。

RE/100新作は イフリート改

イフリートは予想してませんでした。

ありそうでなかったイフリートのガンプラがいきなり1/100で発売ですよ。

ブルーティスティニーのガンプラはありますが(HGだけど)、イフリートはなかったので嬉しいですね。

RE/100シリーズはディシェのあと発表がありませんでした。R3や1/20ボトムズみたいに頓挫したのかなと心配してましたが。シリーズは続いてました。

 

1/100 イフリート改が手に入る

 

イフリート改はゲーム・ガンダム外伝 戦慄のブルーに登場した前半のボスキャラ。数あるイフリートのバリエーションの中でも一番知名度が高いんじゃないでしょうか。ゲームではガンダムタイプに対抗できるジオン軍の地上用MSとして重宝されてますね。

そのわりには立体物に恵まれないMSでした。

でもついにイフリート改のガンプラが出るんですよ。
(しつこい?)

肝心のキットは、他のRE100と同様にハイディテールで適度にアレンジされていて格好良くなってるんじゃないでしょうか。

イフリート改

 

ゲームのデザインよりもグフに近いアレンジがされてますね。シュナイドに改のパーツを付けた印象です。

スジボリやバーニアも1/100ならではの表現ですね。スジボリがうるさいと感じる人もいるかもしれませんが、スミ入れしなければあんまり目立たないと思います。

両手にヒート剣、脚にミサイルポッドというおなじみの装備です。

ヒート剣はクリア成型。使わないときは背中のランドセルに装着できます。グフと違って常に刀身が出てるんですね。

イフリート改二刀流

 

MGじゃないので、細かいパーツ分割とかギミックは妥協しないといけない部分はあるかと思いますが。出るだけでもありがたいです。

よく考えたらこんな装備で戦場に出たら接近する前に攻撃されるでしょうって気はします。でも、エース機は弾に当たらないのがガンダムの世界。脚のミサイルポッドは歩くときの邪魔になりそう。ゲーム中ではほとんど地表を滑ってる印象があるので関係ないかもしれません。どこにそんな推力があるのか不思議です。

つっこみどころ満載のイフリートですが、サターンのころからゲームやってた世代にはたまらないMSです。

 

これを元にイフリート(ノーマル)、イフリート・ナハト、イフリート・シュナイドに改造できそう。あんまりいないと思いますが。

ところでMS-08ナンバーってグフ高機動型試験機(現在の設定ではYMS-08Aになってます)のはずだけど、イフリートファミリーにのっとられた感じ。08系列の試作機はいくつもあったということなんでしょうね。この先イフリートはどこまで増えるんでしょうか。一応、8機作られたという設定もあったみたいですが。

でも、ブルーティスティニー関連の機体が発売されるのはファンとしては嬉しいです。
あとは、1/100でBD-1が出れば最高です。

さて次のREは何でしょうか。
ジェガンはMGで出して欲しいですけど。

 

4月30日発売です。

RE/100 イフリート改 1/100 プラモデル