スポンサーリンク

ガンプラにおススメの薄刃ニッパーとは

プラモデルのパーツを切り取る専用のニッパーがあります。
ゲートニッパーとか薄刃ニッパーといいます。

薄刃ニッパーはパーツに近いところで切ってもパーツの変形が少ないのが特徴。
パーツを切ったあとの成型時間が短くなります。
薄刃ニッパーは作業時間の短縮に役立ちます。

薄刃ニッパーは切れ味が鋭いぶん、
痛みやすいという欠点があります。
2mm以上のプラ棒やパーツそのものを切ると刃が欠けます。

高価で高性能なニッパーもありますが。
ガンプラには高価なものは必要ありません。
2000円前後のもので十分です。

スケールモデルの様に部品が小さかったり、
細かったりすることはないからです。

しかも高性能なものほど切れ味を保つのは難しかったりします。

でもどのニッパーを選べばいいのか分からない。
って方はいると思います。

そこで僕が実際に使ってみて、
性能と価格のバランスを考えて
2000円前後でガンプラに向いてる
と思ったものを書いてみます。

ガンプラにおすすめ薄刃ニッパー

定番はタミヤの薄刃ニッパー

定番中の定番商品。よく切れます。
1000円以下のニッパーから、このニッパーに換えると切れ味の鋭さに驚きます。

でも、歯が痛みやすいのが難点。
鋭い切れ味は1~2年くらいしか持ちません。

買い替えは気にならないのでよく切れるものが欲しいという人には向いていると思います。

吸い付くようなグリップ感が好きなら匠TOOLS

切れ味はタミヤのものと変りません。
寿命も大差ない印象です。

グリップ部が柔らかい樹脂のため吸い付くような感覚があります。
バネがスプリングではなく樹脂板のため、使い続けるとへたりやすいです。

コストパフォーマンス重視ならミネシマ

切れ味ではタミヤ製薄刃ニッパーには若干劣ります。

売値は1500~2000円(税別)安い店を選ぶとタミヤの薄刃ニッパーより1000円安く買えることもあります。売値ほどの性能差はありません。

まとめ

ニッパーにこだわりがあって、高額投資ができるなら別ですが。
ガンプラにそこまで高性能なニッパーは必要ありません。

タミヤや匠TOOLSを使ってもゲート処理はヤスリがけが必要です。
ニッパーはそこそこの性能があれば十分なのです。

ニッパーは消耗品と割り切って
1000円台のものを早めに買い換えるのがいいんじゃないかと思ってます。

従って、僕が現在主力で使っているニッパーは Premium 薄刃ニッパー (D-25) ですね。

資金的に余裕のあって少しでも切れ味が高いほうがいいという人は、タミヤ 薄刃ニッパー 74035 がいいと思います。