スポンサーリンク

アマゾンと楽天市場どっちがいい?

アマゾン楽天

ガンプラ買うときはどこで買ってますか?

通販で買うことは多いと思います。
通販といっても、amazon派と楽天派がありますよね。
それぞれにメリットデメリットがあるので、
僕は両方使い分けてます。

どんな特徴があるのかみてみましょう。

アマゾンと楽天市場どっちが安い?

一番興味があるのがアマゾンと楽天市場どちららが安いかですよね。

予約受付中のHGUCフルアーマーユニコーンガンダムで比較しました。
支払い方法はクレジットカード。
決済手数料がかからないからです。

価格表示方法: 商品価格(税込)+送料=合計

  アマゾン 楽天市場
1位 アマゾン
3217+0=3217
Joshinweb
2730+470=3200
2位 DeNET
2730+500=3230
あみあみ
2740+500=3240
3位 あみあみ
2740+500=3240
DeNET
2730+600=3330
4位 みんなのあん子
5980+0=5980
エボリューションホビー
2754+700=3454

楽天市場は安い順で並べ替えると、「でじたみん」が上位に表示されました。
2690+630=3320円
でも、クレジットカード決済できないので表には載せてません。

アマゾンは2000円以上で送料無料になります。
沖縄、離島は別途料金が発生します。

楽天市場は店によって違いますが、北海道、沖縄、離島は別途料金が発生します。

アマゾンと楽天市場では価格にはあまり差がないことが分かります。
北海道は送料に別料金がかからないぶん、アマゾンが安いです。

値段的にはあまり差がないということは。
他の面で比べるしかありません。

アマゾンのメリット

見やすく使いやすい画面

アマゾンのメリットはシンプルで見やすい画面。
手続きの簡単さです。

商品ページに飛ぶとよけいな広告で邪魔されることがありません。
ワンクリック決済も手軽に使えて便利で須。
一度、アマゾンに名前、住所、カード番号を登録すると、クリック一回で注文が終了します。

買う物がひとつしかないときは便利です。

口コミが豊富

商品を買うとき、評判が気になりますよね。
メーカーの宣伝どおりのものなのか。
実際に買って使った人の意見が聞けるのは貴重です。
アマゾンの口コミを利用している人は多いと思います。

確かに役に立つと思うこともあるのですが、
人によって感じ方は違いますし、サクラや見当違いの意見もよくあります。
参考程度にしておいたほうがいいと思います。

アマゾンのデメリット

日時指定は別料金

受けとり日時を指定すると360円の別料金がかかります。
プライム会員になると無料ですが。年会費が3600円かかります。
通常発送でも1~3日で届くので到着は早いです。
時間を指定できないのは困ることもあります。

マイナーな商品は売ってないことも

もともと本、CD、映像ソフトだったので、これらの商品には強いです。
他の分野の商品も増えましたが。広く浅く。という傾向があります。
旬を過ぎた商品やマイナーなものは手に入りにくいことがあります。

マーケットプライス業者は玉石混合

アマゾンにはアマゾン以外に他の業者も参加できます。
マーケットプライスといいます。
お店を経営していない素人でも参加できます。セドリがブームになったおかげで、素人でもアマゾンに出品するようになりました。いわゆる転売屋です。

素人が出している商品は中古品が多いですが、新品を出品している人もいます。
屋号(店の名前)らしきもので登録しているので、素人なのか店を経営しているのかわかりません。出品者の審査はないので登録すればだれでも参加できます。

楽天にもひどい店はある。と思うでしょうがアマゾンにはモラルの低い転売屋はいくらでもいます。

値段だけでは決めずに、有名店かアマゾン以外でも出店している店なのか確かめて買いましょう。

amazon画面

楽天市場のメリット

マニアックな商品・工具・アフターパーツに強い

楽天市場は専門店も出展しています。
かなりマニアックな商品を売ってるときがあります。

ガンプラの新製品ならamazonでも売ってます。
発売から年月がたってるとamazonで売ってないこともあります。
そのときは楽天で探すと出てきます。

ガンプラだとマニアックな人でないかぎり、改造パーツを探すことはあまりないかもしれません。
バンダイ、コトブキヤ、ボークスの改造パーツならamazonでも売ってるときはあります。でも、発売時期が古かったりマイナーなメーカーの商品だと売ってないことがあります。
そんなときは楽天の専門店を使うことが多いですね。

楽天は改造パーツや工具の品揃えが多いのが特徴なんですね。

希望にあった店を探すことができる

安さ、送料無料、早く到着する店。
など自分の好みの条件で探して店を選ぶことができます。

送料を入れると高くつくことがあります。
送料がいくらなのかも見て買ってください。

楽天買い物

楽天市場のデメリット

すぐに商品ページに行けない

楽天市場のデメリットは同じ商品でも幾つも表示されてしまうこと。
選ぶのがめんどくさいことってありますよね。
選択枝がたくさんあるのは、メリットでもあるしデメリットにもなります。

でも価格別に並び替えて一番安い店を探すこともできるので。
安い店とか、送料無料の店とか探すときに便利です。

広告が多い店もある

商品ページをクリックしたはずなのに、
広告だらけでなかなか商品が表示されない店もあります。

この画像は店のトップ画面じゃありません。
個別の商品ページです。

広告だらけの店

広告だらけ。ストレスたまります。
だからシンプルで使いやすいamazonが好きという人も多いです。

楽天市場で表品ページに広告が少ないのは
あみあみ、でじたみん、アソビットシティなどの専門店。

大手量販店は広告が多いです。
でも、大手量販店は価格が安かったりポイントが多く付いたりすることがあります。

まとめ

結局、アマゾンと楽天市場どっちがいいのでしょうか。

値段ではあまり差はありません。
シンプルさ手軽さではアマゾンの方が使いやすいです。
マニアックな物、旬を過ぎたものなら楽天の方が手に入りやすいです。

僕の場合は
最初から買う物が決まってるときはアマゾン。
工具や商品を探しながら買うときは楽天を使い分けてます。

あと、楽天はポイントがためやすいので
うまく使えば安くあげることも出来ます。

関連記事

ガンプラを通販(楽天)で安く買う方法