スポンサーリンク

HGガンダムバルバトス仮組みした

HG ガンダムバルバトス を発売日に買ってきたので早速、作ってます。

でも、一日中ガンプラ作ってるわけにはいかないのでまだ完成してませんが。 素組み派の人たちはもう完成させてガシガシ動かしてるんじゃないかなあ。

HGガンダムバルバトス作ってます

ところで、このバルバトス。 1000円のガンプラにしてはパーツが多いですね。

しかも、ほぼ全身がフレーム内蔵。 もちろんRGみたいな精密なフレームではありませんが、 このスケールと値段でほぼ全身フレームというのは凄いです。

ひとまず、仮組みしてみました。

HGガンダムバルバトス仮組み

歴代のどのガンダムにも似ていない特異なプロポーション。

確かに、細い印象だけど、もとのデザインもこんな感じだったと思う。

再現度は高いと思います。 CMでちらっと見たバルバトスはもっと細かったかもしれない。

ネットで見た完成写真がいまいち格好良くなかったので 改修が必要なんじゃないかと思ってたけど、 これなら特に改修しなくても格好良くなりそうです。

腕に合わせ目が出来てるので処理が必要ですね。

どうやって消そうかな。 後姿。バックパックが寂しい。 HGガンダムバルバトス後ろ

でも、このバックパック。 なにやらオプションパーツが付けられるみたいですよ。

今後発売されるオプションセットなんかが 取り付けられるようになってます。

上半身アップ。

HGガンダムバルバトス仮組みアップ

顔、というかフェイス部分が小さい。 いつもの安全対策のためにアンテナの先端が太くなっているので 先端を鋭くする作業は必須です。

アンテナ以外にも、全体的に角が丸くなってたりするけど、 これも安全対策なんでしょうか。

パッケージを見ると、バルバトスはかなりとんがったデザインなんだけど。 全身の先端部分をシャープに改修するとしたら大変だなあ。

成型色も落ち着いた色でおもちゃっぽさがあんまりないし 塗装しない素組み派の人にはこれだけでも十分だと思います。

一応、自分は塗装して完成させるつもりです。 作業が進んだらまたアップします。

参考記事:HGガンダムバルバトス製作

以上、タカフミでした。