スポンサーリンク

HGUCジム クゥエルをスマートにする

劇中にほとんど出ていない ジムクゥエルがHGUCで発売と聞いたときには喜んだものです。 でも、それはAOZのヘイズルの部品を流用して作られたものでした。

ジムクゥエルが発売されるのはいいけれど

今は亡き電撃ホビー誌上で展開されていたAOZですが、それに出てくるヘイズルは連邦系モビルスーツにしては脚が太いのが特徴です。オプションパーツがどんどん増えていくので上半身のボリュームに負けないように脚を太くしておく必要があったのかもしれません。 でも、オプションパーツのない素のジムクゥエルにしてしまうと、とたんに脚が太く見えてしまいます。 何とかしたいと思っていたところ、HGUCジムカスタムが発売されたではありませんか!

カスタムの脚を付けてみた

ジムカスタムはジムクゥエルの基となった機体という事でデザインはかなり似ています。 しかも、ジムカスタムのキットは脚がスマートでベストなプロポーションです。 これを見たときジムファンのいくらかは、HGCUジムクゥエルの上半身にHGUCジムカスタムの下半身を付ければベストなプロポーションのジムクゥエルができるのはないかと考えたことでしょう。 そうです、僕はそれを実践してみたんです。 それがこの作品です。 RGM-79Q ジムクゥエル 頭、上半身、腕はジムクゥエルのパーツです。 腰、脚はジムカスタムです。 ジムカスタムとジムクゥエルの脚は似ていますが、部分的に違うところがあります。 ヒザアーマー下の突起はプラ材で作り直し。すそ付近のセンサーも穴を開けてクリアパーツを埋め込んでいます。 部分的にすじ彫りを追加。 機体各所の小さなバーニアはアフターパーツで作り直して精密感が出るようにしました。 ジムクゥエル バックパック、シールドはジムカスタムとジムクゥエルは同じ形ですが、出来のよいジムカスタムのものに変えてしまいます。 ジムクゥエル

完成してみるとやはり、格好いいジムクゥエルができました。 おかげで未完成のジムカスタムが残ってしまいましたが、 ジム好きならその犠牲に見合うだけの価値はあると思います。